Converse Skatebording

Converse Skateboarding
2018 Fall & Winter Footwear Catalog Cover Artwork by KAMI

KAMI

GR2 @ 15Years

GR2 @ 15Years
Aug 4th – Aug 15th, 2018

GR2 is now 15 years old. The project started as a huge question mark. Could we survive by selling art? We weren’t sure, but we did see talent all around us. Looking back from our humble start in 2003, it’s easy to say that’s this has been a great ride, but being able to serve artists and art fans is even greater. We hope to continue our ride and help build new art fans and artists around the world.

Ako Castuera, Robert Sato, Darren and Trish Inouye, Theo Ellsworth, Dehara Yukinori, KAMI Hitotzuki, Jeni Yang, Huntz Liu, Sean Chao, Shizu Saldamando, Stickymonger, Mari Inukai, Godeleine de Rosamel, Geoff McFetridge, Seonna Hong, Yusei Abe, Jen Tong, Yoskay Yamamoto, Susie Ghahremani, Stella Im Hultberg, Gary Baseman, Mark Todd, Esther Park Watson, Nikki McClure, Linnea Strid, Mark Nagata, Ed Trask, Matt Furie, Albert Reyes, Luke Chueh, Deth P Sun, kozyndan, Shawn Cheng, Nathan Ota, Maggie Chiang, Andrew Hem and more!

GR2: 2062 Sawtelle Blvd LA CA 90025

KAMI

#DJQS30

#DJQS30
Tokyo Most Underground DJ QUIETSTORM 30 Years and Counting at BEAMS T HARAJUKU
4月20日(金)から「ビームスT 原宿」にてDJ QUIETSTORMの活動30周年を記念したポップアップショップを開催します。
今年でDJ活動30周年の節目の年を迎えるにあたり、彼と親交の深い6アーティストがデザインしたTシャツを発売します。
発売日当日の19 : 00からは、代官山の「UNICE」にて開催している “LIVING ROOM™” を再現したレセプションパーティーも開催します。

KAMI

“NO CONTRACT.”

“NO CONTRACT.”
by CLARKS ORIGINALS at GYRE

1825年にイギリスにて創設され、200年近くに渡り、革新的なスタンスと伝統的なクラフトマンシップが融合した靴作りを行っているCLARKS(クラークス)。ファッションシーンからライフスタイル、カルチャー的なシーンでも愛されている同ブランドが、全く新たな試みとなるイベント、No Contractを開催する。

音楽、アート、ファッションなど、広い意味でのカルチャーを包括すべく、イノベイティブさとトラディショナルさの両軸を感じさせるDJ DARUMA(PKCZ®)、KANDYTOWNのIO、VJ MANAMIが出演。さらにはKAMIの書き下ろしアートワークをCLARKSの代表作であるワラビーにレーザー刻印で落とし込むインスタレーションも実施。

歴史あるCLARKSが、新たに描き出す世界観を体感しに是非ともお越しくださいませ。

2018年4月20日(金) 21:00~23:00 (20:30 OPEN ・ ENT FREE)
〒150-0001東京都渋谷区神宮前5-10-1 GYRE地下1階(東京)
※入場制限させて頂く可能性もございます。

#CLARKSTOKYO

KAMI

TOKYO MONOCHOROME by FES Watch U

TOKYO MONOCHROME by FES WATCH U

SONY FES Watch Uの発売を記念して、モノクロームの表現を身上とし、東京をベースに活躍する10名のクリエイターとグラフィックコラボレーションを行い、“TOKYO MONOCHROME“コレクションとしてデザインを発表。
色彩に溢れた都市・日常を「モノクロ」で描写するという表現スタイル・カルチャーを提案し、クリエイターとしてKAMIもコレクションに参加しています。
デザインは専用アプリ「FES Closet」から無料でダウンロードでき、11月17日よりKAMIのアートワークもダウンロード可能になりました。

“FES Watch U” は、文字盤とベルトが一枚の電子ペーパーでできた、ディスプレイウォッチです。
ボタンを押すだけで柄が変わり、スマートフォンアプリを使えば、個性豊かなクリエイターのオリジナルデザインや、自作のデザインの追加も可能です。
感性のままに、より自分らしい表現を楽しむことができます。

FES Watch U

KAMI

KAMI “ARCHIVES” TOKYO

KAMI “ARCHIVES” TOKYO
5.26 – 5.29.2017 at KINMEGURO

1999年から現在まで、過去の作品を中心に展示し、会場となる建物は会期終了後、老朽化のため取り壊される予定です。
KAMIの活動の原点となった中目黒で、消えてゆく馴染みある景観を背景に、
時代とともに変化し続けながらも、一貫したスタイルで表現を続けるKAMIの過去作品を中心に展示した、
“ARCHIVES” は無事に終了致しました、ご来場頂いた沢山の皆さま、ありがとうございました。

photo by Takashi Hirama

金目黒製作所

KAMI

KAMI “ARCHIVES” OSAKA

KAMI “ARCHIVES” OSAKA
4.29 – 5.9.2017 at PINEBROOKLYN
ご来場頂いた沢山の方々、ありがとうございました。

Pinebrooklyn

KAMI

RED BULL INTERVIEW -HISTORY OF KAMI-

RED BULL WEBSITE にて KAMI INTERVIEW掲載して頂きました。

インタビュー前編
インタビュー後編

固定概念にとらわれない自由な表現方法で、アスファルトを縦横無尽に滑走するスケートボーダーたち。この連載では、10代から20代をスケートボードに傾倒してきたスケーターが大人になった今、どういったライフスタイルをおくっているのかにフィーチャーしたい。好きなことを一意専心に続ける彼らの背中から見えてくる“何か”を自身の生活にフィードバックできれば、きっと人生はもっと豊かになるはず。第三回目は、アーティストのKAMIに迫る。

KAMI