Perrier – Inspired By Street Art – Tokyo Lounge

STREET ART FLYER v4 square

PERRIER Inspired By Street Art “TOKYO LOUNGE” by French Tuesday
代官山ヒルサイドフォーラムにて、11月5日(水)~11月9日(日)まで、ペリエの限定デザインボトル「PERRIER Inspired By Street Art」の発売を記念し、期間限定アートイベントが行われます。期間中はJONONE,SASU,KOBRAの3名のアーティストによる限定デザインボトルの紹介と、併設カフェではペリエのカクテルが販売されます。また、ボトルデザインを手がけたSASUと共に、日本で活躍するアーティストとしてDISKAH,SHIZENTOMOTELによる作品展示と、週末の8日と9日には屋外スペースで3名のライブペインティングも行われる予定です。
また、11月8日(土)の夜は、会員制パーティを開催している”フレンチチューズデイズ東京”によるペリエのスペシャルパーティが開催されます。通常はメンバーシップ制となっておりますが、今回はメンバー以外の一般の方々にもご参加いただけます。
皆様是非お越し下さい。
(SASU限定デザインボトルは、ネスレ日本での正規取り扱いがないためイベントでは展示紹介のみとなります。販売はございませんのでご了承下さい。)

会期:2014年11月5日(水)~11月9日(日)11:00 ~ 19:00
(屋外イベント)11月8日(土)11月9日(日)
◆ライブペインティング SASU,DISKAH,SHIZENTOMOTEL
11:00~17:00 (時間延長の可能性あり。8日は最長22:00,9日は19:00まで)
◆ワールドフットバッグチャンピオンTaishi Ishidaによるパフォーマンスとレッスン
8日(土):11:00、13:00、15:00, 9日(日):13:30、18:00

(フレンチチューズデイズによるイベント)11月8日(土)17:00~22:00
◆Eisuke Takashimaによるバイオリンパフォーマンス
◆フットバッグパフォーマンス
by Taishi Ishida
◆ライブパフォーマンス
Angelo San, Iakopo
◆DJ Streetiebaby

場所 :代官山ヒルサイドテラス「ヒルサイドフォーラム」
〒150-0033東京都渋谷区猿楽町18-8 ヒルサイドテラスF棟1階
最寄駅 : 東急東横線[代官山駅]下車 徒歩3分
東急東横線・地下鉄日比谷線[中目黒駅]下車 徒歩7分
JR山手線・JR埼京線・地下鉄日比谷線[恵比寿駅]下車 徒歩10分

入場料:無料
ドリンク・フード:ペリエのカクテルの販売と、フィンガーフードの販売を行います
*20歳未満の方のご入場はお断りしております。

★PERRIER SPECIAL EVENT WITH FRENCH TUESDAYS★
In celebration of “Perrier inspired by Street Art” limited edition labels for 2014, French Tuesdays Tokyo announces the Tokyo Lounge art event at Daikanyama’s Hillside Terrace from November 5th to November 9th!
During this period, Hillside Forum will be displaying the limited issue design bottles, artwork from reknown Japanese street artists as well as offering specially designed cocktails for purchase at HIllside Cafe.During the weekend of the 8th and 9th, the event will feature live painting performances by these same Japanese street artists as well as special appearances and lessons by world champion foot bagger- Taishi Ishida
What’s more French Tuesdays will be holding a special Perrier party event at the venue on Saturday night!
This event will be open to ALL who wish to attend- members and non-members!!
Weekend Events (November 8th (11:00 – 17:00) and 9th (11:00 – 19:00)
◆Live Painting performances by Japanese artists
SASU, Shizentomotel, Diskah

more info: Perrier.jp , FrenchTuesday,

SASU

Perrier Inspired By Street Art – SASU Film


Perrier Inspired By Street Art – SASU Film


Perrier Inspired By Street Art – SASU teasing


video premier of Perrier’s new Inspired by Street Art collection with artists Sasu, Kobra, and JonOne.
Check the #StreetArtByPerrier behind-the-scenes on:
Facebook/Perrier
instagram/Perrier
twitter/Perrier

SASU

Panasonic Center OSAKA

panasoniccentreosaka.2013.hitotzuki 
グランフロント大阪南館、パナソニックセンター大阪のファサードを手掛けさせていただきました。
PanasonicのLED照明の演出効果にハーフスクリーンを取り入れることで、昼と夜でアートワークが変化するユニークな仕組みとなっています。
Worked on the entrance of Panasonic Center Osaka which is by the south of Grand Front Osaka.
The art work is uniquely arranged to switch(appear/disappear) during day and night, using the effect on Panasonic LED lighting and by the technique of half-screen.

htzk.panasoniccenter.dayver-Day-

htzk.panasoniccentreosaka.nightver-Night-

夜には、SASUの切り絵をアイデアにしたモチーフが浮かび上がり、KAMIのラインも全面BLACKに変化。
バックグラウンドには京表具の技術で施された和紙とツリーが現れます。
壁画をイメージした昼バージョンのブルーのアートワークも時折顔を出し、ファサードの表情がうつり変わります。
SASU’s motif appears at night, where she got the idea from paper cutouts. Also, KAMI’s line changes into the color black.At night time tree made out of WASHI done by traditional Kyoto paper craftsman “Hyougushi” appears on the screen.The image of the mural, the color blue art work can be seen during the day version, variety of effects and changed on entrance can be enjoyed throughout any time.

htzk.panasoniccentreosaka
消えては浮かび上がるアートと伝統工芸の融合が、Panasonicの照明パターンコントローラによって関西の四季の色で表現されています。
2013年11月23日より、2014年3月中旬までディスプレイ予定です。
ぜひお立寄下さい。
Lighting programs by Panasonic is controlled in ways to express the four seasons.
Displayed from Nov 23, 2013~ Mid March, 2014.

-Panasonic Center Osaka
〒530-0011 大阪市北区大深町 4番20号  グランフロント大阪 南館 2階~地下1階
Grand Front Osaka South B1F-sF, 4-20 Ofukacho, Kita-ku, Osaka
GRAND FRONT OSAKA

HITOTZUKI

Burton Rail Days – Recap video –


Burton Rail Days 2013 Presented by MINI -Recap-
2013.11.16(sat)at Roppongi Hills Arena,Tokyo.

HITOTZUKIとSHIZENTOMOTELとのコラボレーションでペインティングを手掛けた “BURTON RAIL DAYS” コンテストのRecap映像です。コンテストの詳細は、www.burton.com にてご覧頂けます。
Collaboration work by HITOTZUKI and SHIZENTOMOTEL on snowboard section“Burton Rail Days” presented by MINI. The recap video above, and the un-cut video of the final on www.burton.com


セクション制作現場の長野から、六本木ヒルズアリーナへの移築のメイキング映像です。
The making video of the work on section in Nagano and being reconstructed in Roppongi Hills Arena.
Movie by Iron crow construction team.

HITOTZUKI

“BURTON RAIL DAYS”

img_top1

ROPPONGI HILLS ARENA2013.11.16(SAT)
TIME 11:~19:30 CONTEST 17:00~

“BURTON RAIL DAYS” コンテストの舞台となる特設セクションに HITOTZUKIとSHIZENTOMOTELとのコラボレーションでペインティングを手掛けさせて頂きました。
セクションは長野県にて制作されたもので、当日東京六本木ヒルズに移設、本組されます。
1DAYのFREEイベントとなりますのでお時間ありましたら是非ご来場ください。

HITOTZUKI and SHIZENTOMOTEL collaboration work on snowboard section
“Burton Rail Days” presented by MINI, can be seen in Roppongi Hills Arena
for the day on Nov 16, 2013(free of charge).
The painting on the section took place in Nagano-ken, Japan.

MORE INFO.
Burton Rail Days presented by MINIは、六本木ヒルズアリーナに造られた特設ジブアイテムを舞台にした日本最大のストリートスノーボードコンテストです。世界各国から集まった16名のトップジバーが、3代目チャンピオンのタイトルを目指し、激しく、そしてクールなライディングを披露します。
手すりや壁など雪以外の造作物を使ったトリックやライディングは「ジブ」と呼ばれ、ジブを得意とするスノーボーダーは「ジバー」と呼ばれています。ジバーはゲレンデのパーク、雪が降った街中の手すりやテーブル、フェンスや壁など使って撮影を行います。あまり人目に触れずに撮影された映像や写真は、世界各国の熱狂的なファンを楽しませています。転倒すれば即大怪我につながるリスクがあるところで、どれだけ自身のスタイルを表現できるかが、プロスノーボーダーとしての価値となっています。 BURTON RAIL DAYS presented by MINIは、トップレベルのジバーを集結させた、世界でも数少ないストリートスノーボードコンテストです。2011、2012年と過去2回は4000人以上のギャラリーを集め、ライブウェブキャストにより、イベントは世界中へ配信されました。
当日はコンテスト以外にもアーティストライブ、キッズ専用スノーボードパーク(Burton Kids Riglet Park)などのイベントが開催されます。雪、音楽、アート、スノーボードを無料で楽しめる貴重な1日となるでしょう。

BURTON RAIL DAYS Presented by MINI 2013

HITOTZUKI

“BACK IN THE POOL”

_R8C0787
©Satoshi Asakawa /Courtesy of Hermès Japon

“BACK IN THE POOL” Maison Hermès Window display by HITOTZUKI
2013.9.20 ~ 2013.11.12
at Maison Hermès Ginza.
メゾンエルメスオフィシャルサイト

From the given theme “Chic, Le sport!”(Sports is Great!) by Maison Hermes, we thought of how we can express the foundation of our activity, the spirit of the street, through the show windows. Common sports such as baseball and tennis comes to mind. However, we wanted to look into the abstract feeling of playing a sport. We defined sports as a “sensation” you can achieve by releasing the body’s energy, following a certain rule and being absorbed in it. We expressed the aftereffects of playing a sport and the lonliness of a place people leave behind by creating an Autumn themed window, bringing Summer to an end.
We expected people to experience something extraordinary by distorting the space in a location like Ginza. The unrealistic pool is placed to achieve this.
Even a drained swimming pool at the end of the season can regenerate a fascinating space. You will see a person painting in this window. An evening in Autumn, Summer coming to an end, and making the lost space into a playground…sports can be enjoyed anywhere, and this spirit is what we imagined as a sports theme. In 16 other small show windows, tools and scene from our daily life are reflected in a playful matter.

メゾンエルメスの掲げる今期の「スポーツは素敵!」というテーマに沿って、日頃の表現活動の基となるストリートのスピリットを交えながら私達なりの”スポーツ”をウインドウに表現しました。皆さんがすぐにでも想像できる野球やテニスといったスポーツではありませんが、スポーツで得られる抽象的な感覚の部分にフォーカスしました。一定のルールに従い、無心で身体を動かし続けた先に得られる、言葉では言い表せない”感覚”、その後に産まれる心地よい余韻と、何かが終わった後の静けさ、人々が忘れ去ってゆく場所の寂しさを、夏の終わりを感じさせる空のプールと秋の季節感で表現しています。銀座というロケーションにはややミスマッチなプールの底を、空間を歪ませたように配置することで、非現実的な感覚を味わっていただけるのではないかと考えました。
もちろんそこにあるのは使い終わったスイミングプールですが、シーズンが終わり水が抜かれてしまった後でも、また別の楽しみを産み出す魅力的な空間となりえます。ウインドウでは、そこにペイントをしているわけですが、人が忘れかけているそんな場所を遊び場に、どんな場所でもスポーツ(楽しむこと)は可能で、想像を膨らませ遊び場をつくりだす、その姿勢が私達の考えるスポーツでもあり、また、夕焼けを眺めながら静かに秋の刹那を楽しむのもまた、スポーツの一つではないかと思っています。
16の小窓には私達の日常の風景や道具をもとに遊び心を表現しました。
HITOTZUKI.

hitotzuki.hermes.window.dp.2013
15 small windows of 16

HITOTZUKI

究 KIWAME BITO 極

kami.kiwamebito.htzk2013
~生ける伝説 きわめびと~
一つの道を極限まで究めた人を紹介し、脅威の人間力を持つ人々から人生の極意を学ぶという趣旨の超高齢者バラエティ番組

来春より放映予定のTV番組、舞台セットの壁面装飾等をKAMIが手掛けさせていただきました。

パイロット版のオンエアー詳細はこちらになります。
NHK総合 11月4日 (月祝) AM 08:20 – 09:03
【ゲスト】 嘉納愛子
【司会】三宅裕司,小林千恵,【出演】内海桂子,若尾文子,美容服飾研究家…市田ひろみ,【解説】国際医療福祉大学教授…太田博明,【リポーター】篠山輝信。
ゲストの平均年齢89歳!今回は106歳の声楽家・嘉納愛子さんが登場。今なお現役で歌の指導を行う厳しいレッスンの様子や独自の健康法などから、その驚異の人間力に迫ります。
スタジオには、漫才師の内海桂子さん(91)、女優の若尾文子さん(79)、服飾評論家の市田ひろみさん(80)を迎え、視聴者から寄せられたお悩みにも答えていただきます。人生の極意が、ここにある!

是非ご覧になって下さい。

KAMI

DYEZU featured artist series ‘HITOTZUKI’ s/s 2014 Tee

1286_518911018178037_819517842_n
DYEZU featured artist series ‘HITOTZUKI’ s/s 2014 Tee by VOLCOM

HITOTZUKI